迎裕之のBlog

アールストーンの創業者 迎裕之のBlogです。 現在は、次のチャレンジの準備期間中。


Google社が、開発者向けイベント「Google I/O」の中でGoogle for jobsを発表しました。


早速、英語版がリリースされたようですね。
あらゆる求人サイトなどから求人情報を集めてきてリスト表示されるというもの。

Googleが本腰を入れてこの領域を攻める事で、
更に求人情報を獲得するチャネルが広がりました。

エージェントにとっては、まさに「人が介在する価値」が問われる時代に突入ですね。

これからの時代はホンモノのエージェントしか生き残れません(ドキドキ)。



大きく脱線しますが
そもそも、求人サービスは、大きなカテゴリでいえば「ライフイベント」関連のサービスですが、

さらに分けると、


気軽系ライフイベント:宿泊、飲食、チケット販売、買い物、アルバイト

真面目系ライフイベント:転職系、不動産系


こんな感じかと思います。



気軽系ライフイベントについては、

需要ユーザー、供給ユーザーを「集めて」「動かして」「結ぶ」というリボン図
http://toyokeizai.net/articles/-/48652?page=3

の仕組みのイノベーションが活発に起こってきました。


例えば、食べログやじゃらんは、既存の広告課金のリボン図を大きく変えています。

客の期待と信頼の対象を、広告の課金情報から"評判、クチコミ"に変えた
⇒UXごと変えにいって実際変わった
⇒ユーザーに、既存のリボン図を迂回させてる
(既存のリボン図的にはアクションが起こる、その手前の顧客心理をさらってる)

のが成功で、ここにきちんとストーリーがある。


Wantedlyも、リボン図の端が無料(当初は企業側も無料だった)同士で、
応援というレビュー的なものと、
Facebook上の「知っている個人」の信頼がインセンティブになって

さらに"応募意思とかじゃなくて気軽に話しにいける"という
UXがストーリー的にかなりアリで、
トラフィックとマッチングが増えて、
toBに広告が売れるっていう、
リクルート型もミックスされていることが素晴らしいと思います。


一方で不動産系スタートアップや転職(正社員領域)については
スタートアップ企業は多く現れるですが、
マジメライフイベントなりの導線変革の難しさがあり、
あまりイノベーションが起こらずに今日まで来ています。


そういう意味では、今回のGoogle for jobsが
どこまで求人領域の既存のユーザー導線を変えてくるのかは、注目しています。



我々は、「人が介在する価値」を最大限発揮しなければいけない事は変わりません。
一方で、そこに胡坐をかいていてはダメで、テクノロジーはどんどん取り入れ、
集客において、既存のリボン図導線をインターセプトしていく仕組みをどこまで作れるかが勝負です。


我々がGoogle for jobsのようなサービスはすぐに作れませんが、
独自の集客チャネルは今後どんどん作っていきたいと思います。


==========

Google announced Google for jobs in the developer event "Google I / O".

Http://techable.jp/archives/59825

It seems that the English version was released soon.
It collects recruitment information from every recruiting site etc. and displays it as a list.

With Google sticking to this area with a keen focus,
In addition, we have expanded the channel for acquiring job information.

To the agent, it is indeed entering the era where "human intervening value" is questioned.

In the future era, only the agent of the real monster can survive (Doki Doki).



It will derail greatly
In the first place, recruitment service is a service related to "life event" in large categories,

Further,


Lifestyle life event: Accommodation, food and drink, ticket sale, shopping, part time job

Serious system life event: change jobs, real estate


I think that it is like this.



Regarding casual life events,

Ribbon diagram "collecting", "moving" and "tying" demand users and supplied users
Http://toyokeizai.net/articles/-/48652?page=3

The innovation of the mechanism of the act has taken place actively.


For example, eating logs and Jalan have changed the ribbon diagram of existing advertising billing largely.

They changed the target of customer's expectation and trust from "billing information of advertisement" to "reputation, review"
⇒ UX Actually changed to change each time
⇒ bypass the existing ribbon diagram to the user
(In the existing ribbon diagram, action takes place, customer psychology in front of it is stolen)

Successful, there is a neat story here.


Also at Wantedly, the edge of the ribbon chart is free (initially the company side was free)
The review-like thing called support,
Trust in 'knowing individuals' on Facebook is an incentive

Furthermore, "I can speak freely without being an entrant intention"
UX is a pretty ant in the story,
Increased traffic and matching,
they can sell ads to toB,
I think that it is wonderful that the RECRUIT type is also mixed.


On the other hand, regarding real estate startups and career change (full-time employee area)
Although many startup companies appear,
There is a difficulty in reforming conductors that become Mahime Life Events,
I have not come up with much innovation and have come to this day.


In that sense, this time for Google for jobs
We are paying attention to how far we will change existing user leads in the recruitment area.



We will not change that we must demonstrate "the value intervening by people" to the fullest.
On the other hand, it is not good to put a cuff over there, technology is steadily increasing,
In attracting customers, it is a game where you can create a mechanism to intercept existing ribbon diagram conductors.


Although we can not immediately create services like Google for jobs,
We would like to make more and more of our own attraction channels in the future.



コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。